夫と喧嘩しないためのアレコレ日記

横浜に住むアラサー主婦の日々

【準備2】結婚式の準備一覧をシート化してヌケモレ回避した話

【準備1】の記事では「全体像の把握」について書きました。
この記事では「決めるべきことの管理」と「選択肢の管理」について書きます。
なんだか難しい言い方になっちゃいましたが、簡単に言うと
「招待状を出すために、参加者の住所、挨拶を誰にして貰うかを決める必要があります。あと、デザインと同封物はこれにしようと思うけど、どうかな?」
っていうのを管理するお話です。

結婚式の準備大変っていうけど、そもそも何が大変なの?

  • 結婚式の準備大変だよ~
  • 決めることたくさんあるよ~
  • 絶対ケンカになるよ~

と、実施した人から聞くことが多いと思います。私もよく言われました。

大変大変ってみんな言うけど、何が大変なの?と思いますよね。
私がやってみて思ったのは「決めなきゃいけない事が多くて、それぞれ相談先が多くて大変」ということです。

実際、「引出物は何にしよう!好みがあるからカタログの方がいいよね。遠方の人も多いし郵送型にしようか?」
と夫婦で話していましたが、
「カタログって自分で注文するから、誰の結婚式の時に貰ったものだとか分からなくなって、思い出も何もないから微妙よね~。とはいえ名前入りペアグラスとか貰っても邪魔だけど。」
と義母に言われました。(まだ何も相談していない状態)

こういう「自分たちだけでは決められない事(相談しておいた方が後々良いこと)」が積み重なったり、一方に偏ったりすると喧嘩になると思います。
まずは、「決めなきゃいけない事」を整理しちゃいましょう。

なんで私(俺)ばっかりがやってるんだ!!を防ぐ方法

私は、ネット上・SNS上に出てくる項目を集めて、「結婚式で必要な項目一覧」をまとめてみました。
結婚式準備シート - Google スプレッドシート


公開した↑のリストは、実際のTODOの6割程度しか記入していません。(全部書くとかなりプライベート感が出るので・・・)
他の方が公開していたシートを参考に作ったので右側にスケジュールの欄がありますが、私は使わず「何をするか」だけを書いていきました。

こうすると、全体量に対してそれぞれの分担量がわかります。

このシートに書かれた内容を「いつ・誰がやるか」は2人で話し合って決めました。
この「いつ・誰が」については、【準備1】の記事で紹介したTime Tree と Wunderlistを使って管理していきました。
【準備1】結婚式の準備で喧嘩しないために。夫婦の役割分担とタスク管理方法 - 夫と喧嘩しないためのアレコレ日記


このシートには、

  1. プランナーさんとの打ち合わせで聞いた内容を入力する
  2. 「誰に何を頼むのか」を決める(式場に発注・式場以外に発注・DIY etc)
  3. 決めたら、おおよその締切を決めてTime Treeのカレンダーに入力する
  4. 「具体的にどうするか」は、色々と調べてカレンダーのメモ欄に入れていく
  5. 集めた情報をもとに、「最終的にどれにするか」を決める会を開く

という感じで進めていきました。

例えば"招待状"。
まず最初にすることだし、どんなデザインなのかで式の雰囲気が伝わりますよね。

(妻)招待状を販売しているサイトをネットで調べる

(妻)式場よりも断然安い!「式場以外に発注」に決定 (※独断)

(妻)招待状は式の2ヶ月前が締切なのでカレンダーに入力(プランナーさんに言われた期日)

(妻)外注する場合、注文~商品到着~封入作業まで、2週間くらい必要そう
よって、締切の2週間前を注文締切としてカレンダーに入力

(妻)どのサイト・どのデザインにするかを日々調べる。よさそうなものがあったら、カレンダーのメモ欄に加えていく

(夫婦)注文締切の1週間前に夫に相談。
 今日は「結婚式で必要な項目一覧」の3つを話し合います!と伝えて、短時間で終えるようにしました。

決定

(妻)注文

という進め方です。
こうやって見ると、妻がほとんど対応していますね・・・。

2人ともが「こだわったり色々と調べて比較するの苦手」という場合は、式場に全部依頼か、一つのサイトで簡潔させる方法がオススメです。

  • 夫に相談する時のコツは、自分が希望するものになるように誘導質問すること

相談する時に気をつけていたのは、選択肢を与えすぎないことです。

招待状の場合、

自分の好きなデザインを見つける。

そのデザインが際立つように、ちょっと微妙な候補を2、3用意する。

式場に頼むと○○円、外注だと☓☓円で結構値段が違います。なので外注しようと思います。
このサイトがおすすめです。こんな特典があるし、プレゼントもついてくるよ。
で、A、B、Cどのデザインが良い?(Bになりますように...!)

と聞いてました。

  • それを選んだ理由を伝える
  • あまりにも選択肢が多いと同じように見えて分からなくなってしまうので、3つに絞る
  • かといって「絶対これ!」とごり押しするとケンカの元になるので選択肢を与える

私の場合、式場以外にしたのはお得だから、このサイトにしたのは特典が多いから、デザインは3つの中から相談、という流れです。


そして、結婚式関連の相談が毎日続くと気が滅入ると思ったので、1週間に2、3回にまとめて相談するようにしていました。

TODO消化の進捗を可視化する

話し合いによって決まったら、「○○に決定!」と書いていきましょう。

これだけ対応したぞ!と後でみて分かるようにすると、見返した時に頑張った証拠として残っているので嬉しい気持ちになります。
作業を分担してる場合、相手の進捗が分かるので確認もしやすいです。

このリストはノートでも良いと思いますが、私はPCを開くことが多かったのでスプレットシート管理が一番楽でした。
Googleスプレットシート、慣れるととっても便利なのでお勧めです。

Googleスプレットシートとは?
EXCELとほぼ同じものです。Googleexcel、word、pptのようなサービスを提供しています。
Googleで「~~~@gmail.com」というアドレスを取得し、Google Chromeというブラウザ(Y!みたいなものです)にログインすると、メール、スプレットシート(≒excel)、ドキュメント(≒word)、スライド(≒ppt)を無料で使うことができます。私たちはgmailを1つ作り、それぞれの携帯・PCからメールやスプレットシートを見れるようにしていました。

ただ、プランナーさんとの打ち合わせにはPCを持っていく訳にもいかなかったので、打ち合わせではノートに記入。
打ち合わせで聞いた注意事項やスケジュールなどはノートに書いて、週末にスプレットシートに記入していきました。

最初は、二度手間だな~と思っていましたが、打ち合わせは2~3時間かかることも多く、
ノートに走り書きすることも多かったので、「ノートにバーっと書いて、後で落ち着いてスプレットシートに整理していく」という流れは個人的にやりやすかったです。最初からスプレットシートだと要点しか書かず、これって何だっけ・・・となりそうだったので・・・。

役割分担は、苦痛にならない方が対応すればいい

どのデザインがいいか、どのサイトがいいかといった調べ物は、ほとんど私がやりました。
私自身、どういうデザインにするかをネット上で調べるのが楽しくて、
通勤時間にインスタグラムのハッシュタグを見まくる作戦でやっていました。

インスタグラムのハッシュタグは #結婚式準備 #招待状デザイン などなど、関連するものが大量にあります。
その中で気になるデザインの写真を「インスタグラム内に保存」しておき、すぐにサイト名を調べてサンプル取り寄せをしていました。

サンプル品が届くと夫も実感が湧くようで、その流れで相談することも多かったです。

一方で、プランナーさんとの進行作業は苦手。
なので、その作業は夫にお願いしていました。
BGM用のCDを送るとか、結婚式場への支払い、二次会幹事とのやりとりなどなど、、。


結婚式の前日にTODOリストを2人で見返した時、正直いうと私の方が負担割合がとっても大きかったです(笑)
が、苦手なもの、ストレスを感じるものは全て夫に任せられたので、特に負担に感じることはありませんでした。
私が依頼した内容は、もしかしたら夫も苦手だったかもしれませんが、TODOリストで私の負担を可視化したこともあり、「俺も少しはやらなきゃ・・・」と思ったのか、依頼したものを拒否されることはなかったです。

私はこんなに色々とやってるのに夫が何も協力してくれない!!
なんて話も良くききますが、目に見える形で伝えて、じんわりとプレッシャーを与えることができれば、きっと大変さが伝わると思います。
準備の管理方法としてぜひ参考にしてみてください。