夫と喧嘩しないためのアレコレ日記

横浜に住むアラサー主婦の日々

【準備1】結婚式の準備で喧嘩しないために。夫婦の役割分担とタスク管理方法


プランナーさんと第1回目の打合せは結婚式まで残り3ヶ月のタイミングでした。

1回目の打合せでは、

  • 全体スケジュールの確認
  • 最初のTODOとなる招待状を送る日付の確認
  • 当日の流れ(ざっくりver)の確認

これらを話しました。

私の場合、1回目の打ち合わせまで式場から何も連絡がなかったので、

「3ヵ月で全ての準備ができるのか・・・?」

と不安でした。

が、ペーパーアイテムを手作りしたり、映像関連をこだわるような事がなければ、

3ヵ月で余裕でした。(5日前には準備が終わりました。)

 

 

結婚式までにしなければいけないTODO。皆さんはどうやって管理していますか?

私達は、2つのアプリと共通のgoogleアカウントで管理しました。

結婚式関連に関わらず普段の生活についても。
いまのところ、この方法のおかげで喧嘩もなく過ごせています。

今回はそれをご紹介します。

 

■共通管理用のGoogleアカウントを作ると何かと便利

私達は結婚してすぐに共通管理用のGoogleアカウントを作りました。

2人でパスワードを共有し、2人とも見れるメールアドレスです。
そのアドレスで管理しているのは以下です。

  • 楽天Amazonなどのネット通販系
  • プランナーさんとのやりとり
  • 招待者、当日の演出案の管理(Googleスプレットシート)
  • 二次会のスライド(Googleスライド)

特にプランナーさんとのやりとりはとても楽!
当初、式場見学の時にそれぞれのアドレスを入れて問い合わせしてましたが、

先方からはTOで返信がくる事が多く、CCに入れていても外されてしまいます。。

「返信きてたけどどうする?」「え、きてたっけ?」という会話が多くなったので、

1アドレスを2人とも見れるようにしました。


そして通販。
「あれってもう購入したんだっけ?」「届くのいつだっけ?」「宅配状況を知りたい」と思った時、すべて共通アドレス宛に進捗が届いているので各自確認ができて便利です。
Amazon欲しいものリストや買い物カゴに入れておけば、
「これいいね」「お、じゃあ買っちゃうね!」というスムーズな会話ができたりします。
そして貯まったポイントで晩酌用のビールを買ってます:)

 

■スケジュールの管理は「Time Tree」で。

timetreeapp.com

今ではCMもやってて有名ですね。
App Store「Best of 2015」受賞をきっかけに使い始めました。
最初はGoogleカレンダーを使ってみたり、TODOだけ管理できればいいかと「Trello」なども使ってみましたが、シンプルに管理しやすいTime Treeに落ち着きました。

 

ちなみに「Trello」とは?
seleck.cc

 

話は戻りまして。私達のTime Treeはこんな感じ。

f:id:Kuroneko3:20180128155713p:plain

 

こちらは結婚式3ヶ月前の状況です。
1回目の打合せの時に「この日にこれをした方がいいですよ〜」と紙ベースでお話いただいたのを全て登録しました。

色分けはこんな感じです。

  • 青色:結婚式関連
  • 黄色:2人の予定(上司と食事・家賃振込などの共通TODO)
  • 赤:妻の個人的予定
  • 緑:夫の個人的予定
  • 黒:イレギュラーの仕事休み


「そろそろ●●の準備しないと!」と温度感を共有できます。


ちなみにキャプチャの【25日の前撮り】に関しては、

10:00-13:00 前撮り@●●(☓☓駅)と住所もセットで入れています。

「場所どこだっけ」「えーと、メールメール・・・」と探す手間もなくなります。

 

その他にも、夫の休日がイレギュラーなのでそれも管理できて便利ですし、

「去年の今頃って何してたんだっけ」と時々ふりかえる事もできて

懐かしい気持ちに浸れます。

 

Time Treeには【キープ】という機能があり、

日程が決まってないけどいつかやりたいことをメモしておく事ができます。

私達は「色んなサービスのログイン用パスワード」「●●に行きたい」といったメモなどを置いてます。毎回そこ見ればいいから便利。

 

■TODO管理はWunderlist

Wunderlist | To-do リスト、リマインダー、タスク管理 - App of the Year!

これは夫が見つけてくれました。(Trelloは使いづらかったみたい)
カテゴリー別にTODO管理ができて、締切日と一緒に管理できます。
日本語サポートは手厚くないので、勘で使っています。

私達はこんな感じです。

  • 一覧ページ

f:id:Kuroneko3:20180123222028j:plain

 

プライベートカテゴリ以外は夫と共有しています。
シャンプー、洗剤などのストックが切れたら、全て「家族」カテゴリに記入して管理しています。

  • 気づいた人がカテゴリに書く
  • 買い物に行く時にカテゴリを見て、購入
  • 購入したら消す(すぐ消えるので被ったりせず便利)

単純ですが、意思疎通ができて便利です。
「家族」カテゴリをクリックするとこんな感じ。

f:id:Kuroneko3:20180128171652j:plain
割と雑に書いてます。

 

カテゴリに書く頻度が高いものは、Amazon定期便で購入してます。

「これは1ヶ月毎に買ってるから定期便にしよう」と説明すると相手も納得ですよね。

共通アカウントで購入しているので、

何が定期便なのかが分かってすれ違いなく生活できます。

我が家では「お米・フルグラ・トイレットペーパー・ティッシュ・洗剤・ハンドソープ・コンタクト」は定期便。

消耗品は有りすぎて困ることはないので、配送時期もそこまで頻繁に変更しません。

 

■まずは全体感を共有することが大事

全体像が見えないと、するべきことだけ与えられ続けるとツライですよね。

1週間で1日100個のフランスパンを梱包してください。と言われたら

ゴールが見えてすっきりしますが、ただただフランスパンだけ渡されていると、

「この作業はいつまで何回続くんだ?」と嫌になっちゃいませんか?

 

「このスケジュールで、決めるべき事はこれだけあります。」と

全体像をまず確認しておけば、大きなすれ違いは防げると思います。

 

次に、「決めるべきこと」をどう管理して進めるか。について書きます。

 kuroneko3.hatenablog.com