夫と喧嘩しないためのアレコレ日記

横浜に住むアラサー主婦の日々

私の両親への結婚挨拶はせず、両家顔合わせ食事会だけした話

「プロポーズされたらゼクシィ」は正しいと思う。
「プロポーズされたらSNSにアップせず両親にも一旦いわずに、まずゼクシィ」と友人達に言いたいくらいです。
プロポーズされました!とすぐにSNSにアップしたとします。
「よかったね!お相手は誰?入籍はいつ?結婚式はいつごろ?仕事はどうするの?」なんて質問が怒涛のようにやってきます。
まだ決まってない状態だと回答が出来ないし、社内婚などであれば報告相手の順番を間違えてしまうと亀裂が生まれたりもします。

そして何よりも気を遣うのは、それぞれの両親への報告と、ご挨拶の時にどうするかです。
きっと、「近々ぜひ挨拶にいらっしゃい」となるでしょう。
うちの娘はやらん!と言ったお決まりの反対を乗り越えた後に、
今後のスケジュールについての質問の嵐が待っている可能性が高いです。

この質問の嵐を乗り越えるために、事前に話し合っておく事が重要です。そして、その話し合いにゼクシィが大活躍します。

私がゼクシィを買ってよかったと思う理由は以下の3つです。

  1. プロポーズから結婚式までのスケジュールとTODOリストがついていた
  2. 入籍時に必要なもの(戸籍謄本.マイナンバーカード...)リストがあった
  3. 婚姻届がついていた

(ちなみに、私が買った号は何かの区切りだったらしく、キキララのキッチンタイマーが付録でした。)

この3つがどのように役立ったのかを説明していきます。

[知りたい方は] 私達について⇒自己紹介など

□1:結婚式までの全体スケジュールとTODOを夫と確認すべし

ゼクシィ付録のスケジュール表は本当にありがたかったです。ちなみにWebでのスケジュール確認ができます。あの分厚い本を買うのに抵抗がある方はこちらで。
夫と一緒に見ながら全体の流れを把握できたのでその後の進行がスムーズでした。次はこれ、これはやらないから飛ばしてこれをしよう、という会話をすることで、それぞれが大事にしたいことを共有することができます
zexy.net

私達は基本スケジュールに少し当てはまらなかったので、こんな感じで進行しました。

入籍までの期間 やったこと
~4か月前 結婚報告&ご挨拶伺い(夫両親のみ)・引越
~3か月前 婚約指輪の購入・婚姻届の提出日を決める・両家顔合わせ
~2か月前 婚姻届の記入(夫の両親に証人欄を依頼)
~0か月 入籍・入籍祝いの食事

一度もご挨拶していないなら、まずは妻(婚約者)の両親に挨拶するべし

まずは妻の両親に挨拶するのが基本とよく聞きます。
一度もご挨拶した事がない方は訪問した方がいいでしょう。
私達の場合はプロポーズ前に一度挨拶していたので省略しました。飛行機移動が必要な遠方だったので、手紙と電話にしました。

「まずは妻の両親へ」というのは結構気にする家庭が多く、夫の両親への挨拶日程を伺った時も「妻ちゃんの両親への挨拶はいつなの?先にそっちから伺わないとだめよ。ご了承いただいたの?」と義母から言われました。
もし妻への挨拶はしない or ご挨拶がかなり後になるような場合は、「●●の理由でご挨拶は後になります」や、「●●の理由からお手紙にしました」などなど、周囲の人たちに納得いただける理由を用意しておいた方がいいでしょう。


私の場合、夫両親はすでに2~3回会っていたので、堅苦しくない食事の場を作ってもらい、その場で夫から報告しました。
その時に聞かれた内容は以下です。

□夫両親への挨拶の時に聞かれたこと

  • 結納はする/しない?
  • 両家顔合わせはいつ・どこでするのか。誰が支払うのか。
  • 婚約指輪は買うのか/買わないのか?
  • 引越はいつ・どこを予定しているのか
  • 仕事はどうするのか(主に妻)
  • 結婚式の実施〇×

これらの項目は事前に夫と話し合いできてたので良かったです。
きっとこの先も各所で同じことを聞かれるんだろうな・・・と思って少しつらくなりました。

私の場合、両親が遠方ということもあり、両家顔合わせ/結婚式は関東・九州のどっちで開催するのかをとても心配いただきました。
出身地が違う場合は必ず発生する問題だと思います。
2人で事前に話し合い、両方とも都内でと決めていました。

とても心配いただいていたので、以下のニュアンスで伝えることを心がけました。

  • 2人で話し合いました
  • すでに私の両親へ相談しており、賛成してくれました
  • 最近の結婚式の主流は〇〇だということ

場所の問題については「参加する人数の半数以上が都内にいるのでこっちで開催しましょう」となり特に反対もされずに決定しました。
私の両親は旅行が好きなので問題ないですが、身体が不自由な場合や、結婚式は妻のためにあるので妻側で実施するべき、といった声があがる場合は一苦労かもしれません。

当たり前だけれど、それぞれの両親もプロポーズ~結婚式までを経験してる

場所の問題もそうですが、揉め事や認識のズレは全てここに集約されると私は思います。

両親もかつては友人の結婚式にも数多く参加していたでしょう。
その時の「常識」や「こうするべきだ」という思いがたくさんあります。失敗した事もあるでしょう。振り返ってみて「こうすればよかった」と思うこともあるでしょう。それを繰り返してほしくないが故に口を挟んでくることがあります。これが結構やっかいになる事が多いです。

だからこそ
「最近はこれが主流みたいです。なので参加者への無礼には当たりません。それを踏まえてどうしたいか2人で話し合いました。●●にしたいと思っていますが、いかがでしょうか。」という伝え方をするように徹底しました。


例えば、「結納はせず両家顔合わせのみを東京で行う」というのは事前に夫と決めてました。

  • 何度も東京に来てもらう方が良くない(両親を思ってる)
  • 結納プランは顔合わせと同じ程度の費用がかかる。もったいない。(2人的にやだ)
  • 最近は顔合わせ食事会と一緒にすることも多いらしい(無礼に当たらない)

よし、両親に伝える時は「遠方だからやめよう&最近やらない事が多い」の2軸作戦で進めよう!となりました。


また、2人で決めましたので!と決定事項だけを伝えるのではなく「私たちはこうしたいと思ってるんですが、いかがですか?」という姿勢を忘れないようにしましょう。

相談された・一緒に考えた・結婚に向けた色々に参加しているという気持ちを両親が持ってくれる事が大事です。「勝手に決められた」と思うと悲しくなるし反対したくなるものです。

□両家顔合わせのお店は個室で

ちなみに両家顔合わせはこのお店で開催しました。
泉岳寺門前紋屋https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13039345/tabelog.com
ここは両家顔合わせコースがあるのでお勧め。めでたい食材が使われているコースです。金額は8,000円~で、柔軟に相談できました。

遠方から飛行機でくる私の両親は品川で宿泊だったので、タクシーで行ける距離であること。夫両親も東海道本線で1本+1駅(もしくはタクシーでワンメーター以内)でこれる場所という理由で選びました。
両親は50~60歳なのですが、電車の乗り継ぎは負担だろうと思います。双方とも品川からタクシーで来ていました。

ちなみに、他のおすすめ店リストはこちら
kuroneko3.hatenablog.com


 

2:入籍時に必要な書類はこのタイミングで用意。ただしあくまでも顔居合わせ終盤で話しましょう

両家顔合わせ=お互いの両親が結婚を認める会、というニュアンスが強いです。
”本人同士の結婚”と考えてくれる両親なら良いですが”家と家のつながり”と思う人達も多いからです。
会が始まってすぐに、「入籍に必要な戸籍謄本を〜」などと話し始めると不快に思う人もいるかもしれません。
よって、お互いの両親に認めてもらってから、入籍に向けた話をするようにしましょう。
「認めてください!」みたいなことは言いませんでしたが、和やかに会が進んでいれば問題ないかと思います。
入籍に必要な書類とは?というのはゼクシィで説明されていたので助かりました。

両家食事会では話のネタを用意しておくと安心

両家顔合わせ時の注意事項として

  • 主役が先にお店に到着しておくべき
  • お店前で先に両親がばったり!というのは良くないから対策するべき

というのを様々なサイトで見かけました。

残念ながら両親がお店の前でバッタリ会いました。笑
もうこれはどうしようもないですね。。

そんなこんなでスタートした会、私たちは進行スケジュールを決めていました。

  • 最初に夫から挨拶
  • 乾杯前に写真撮影(終わりの時間があまりなかった&酔っぱらう前に)
  • 婚約指輪の贈呈
  • 話のネタが尽きた時用に、2人が旅行に行ったときの写真と、新居の写真

大体この通りに進んだのでよかったです。
実は婚約指輪は用意しない予定だったけど、双方の両親から悲しみの声が届いたので急遽買いにいきました。(顔合わせの1週間前に初めて見に行ってその場で購入)

この指輪の贈呈式(結婚式の指輪交換みたいなものです)は思ったよりも盛り上がったのでやって良かったと思います。

あとは、お店の隣に泉岳寺があったのが良かったです。
食事を終えてタクシーを呼ぶまでの間、みんなで泉岳寺を散歩してました。私たちはタクシー手配やら二次会のお店の手配やらでバタついてて何も見ていないけど、時間つぶしが出来たようです。
周囲に何もない場合は、片方が手配、もう片方が話し相手をするなどした方がいいかもですね?


また、インスタグラムを見ると入念に用意している人たち多数いたけれど、私の父がよく喋る人だったのであまりコンテンツは用意しなくて大丈夫でした。
こういうのがあると、話はじめが楽になるし、思い出になって良さそうですね。
www.instagram.com
www.instagram.com

 

支払いは誰が?事前に話しておきましょう

支払いは私たち2人で、というのはあらかじめ両親にも伝えてました。
妻(4人家族)+夫(5人家族)、1人8,000円コース+ドリンクだったので合計は10万円くらい。
入籍前だったけど、私たちは引越したタイミングで共通口座を作っていたので後ほど折半とかせず楽ちんでした。
食事会だけでなくちょっとした買い物も発生するので、先に共通口座を作っておくと良いです。

事前に伝えていたからか、双方の両親から手土産とお祝いという形でお金もいただいた。

誠意を持って、楽しんでもらうことを意識するのが大事

私の場合は最初の関門が両家顔合わせだったので、かなり気を遣いました。
普通はこうするよ!マニュアルはこれだよ!と色んなサイトに書かれていますが、思いやりの気持ちを持つことが大事です。例え少し変なことかあっても精一杯やっていることが伝われば、受け止めてくれるはず。
とはいっても最低限のマナーは守りたいもの。そのためにも基本を知ることは大事です。知った上で、やるやらないを選べばいいと思います。
2人で協力して進めてみてください。